二の腕のサメ肌

物心がついた頃には、両方の二の腕が赤くザラザラしていました。母に話しても、「サメ肌ってどうやって治るのか分からないわ。年を取ったら目立たなくなるわよ」と言われるだけでした。小学校や中学校の体操着は半そでだったので、二の腕のザラザラやぶつぶつがとても目立ちました。

透輝美の効果が評判以上!?

同級生からも「気持ち悪い」「どうしたの?!汚いね」などと心ない言葉をかけられ傷ついたこともありました。10代後半で、ニキビの治療でビタミン剤を処方され飲んでいたのですが、サメ肌には効果はあまり無かったようです。

サメ肌の赤みが薄くなったと気が付いたのは20代後半です。ひじやひざを保湿している時に「いつもより赤くない気がする」と思ったのです。実際に、両方の腕ともに子供の頃よりはサメ肌の症状が落ち着いているのがわかりました。

もう少し時間がたてば、さらに良くなるのかもしれませんが、子供の頃からサメ肌だった影響で両腕とも色素沈着しており、きれいとは言えない状態です。赤や紫の跡があります。サメ肌の悩みを持っていた中学生の時の友人は、やはりその子の母親もサメ肌だったそうです。もしサメ肌が遺伝するのなら、遺伝しにくい方法や小さいうちから治せる治療方法が確立されて欲しいです。