マスクで肌が荒れる人がやるべき3つのこと!

・マスクで肌が赤くなる

・マスクによる蒸れや摩擦が気になる

・マスクで顔に痒みがでる

コーズシックスホワイトリペアの効果を徹底検証!ネット上の評判や私の口コミ体験談!

そんな悩みを持つ人はいませんか?

この記事で紹介する「3つの方法」を試せば、

肌荒れのお悩みが減ること間違いなしです!

なぜなら私もその3つを実践し、

肌荒れが軽減したからです。

そんなマスクによる肌荒れを軽減する

「3つの方法」は、以下の通りです。

① マスクを外したら保湿をする

② マスクが動かない便利グッズを使う

③ 顔に触らない

それぞれの具体的な方法については

これから説明していきたいと思います。

① マスクを外したら保湿をする

マスクをつけている内側は、常に湿気でいっぱいです。

マスクを外すとその湿気が一気に外に出ていき、

肌の水分が必要以上に失われてしまいます。

これを繰り返すことで、肌荒れにつながってしまうのです。

つまり、マスクを外すたびに保湿をすれば、

肌へのダメージが少なくなります。

こまめに保湿をする必要があるので、

市販のミスト化粧水やミストオイルがあると、楽に保湿することができます。

実際に、私は日中お手洗いに行くたびに

ポケットに忍ばせた市販のミストオイルで保湿していました。

ミストオイルは、ドラッグストアに行くと置いてあるので、興味がある方は探してみてはいかがでしょうか。

② マスクが動かない便利グッズを使う

マスクがずれるたびに、肌は摩擦で傷ついていきます。

まずは自分の顔のサイズにあうマスクをつけることが重要です。

それでも生活するなかでマスクは少しずつずれるのが現状です。

そこで活躍するのが、マスクを固定する「便利グッズ」です!

市販では「マスクフレーム」「マスクサポーター」などの名前で販売されているものです。

私も実際に使うまでは半信半疑でしたが、マスクフレームをつけてからは、マスクが動くことがほぼなくなりました。

個人的に、マスクの摩擦がなくなったことが、肌荒れ対策に一番効果的だと感じました。

またマスクフレームをつけると、マスクの中に空間ができるので鼻呼吸しやすくなる効果もあります。

③ 顔に触らない

肌荒れが起こると、気になって顔を触ってしまうことが多々あります。

しかしこの「顔に触る」行為が、とくにやってはいけない危険な行為です。

人間の手には、目に見えない様々な菌が付いているためです。

肌に触ることでその菌を運んでしまい、ニキビなどの原因につながってしまうのです。

それでも肌が痒くて気になってしまう方は、保冷剤を包んだタオルで肌を冷やしてあげると、痒みが落ち着くと思います。

以上が、マスクによる肌荒れ対策「3つの方法」になります。

私もこの3つの方法を試すようになってから、

皮膚科に通う回数も2ヶ月に1回から、半年に1回ほどに減りました。

それでも肌荒れが治らない、気になってしまう方はどんどん皮膚科に行ってください。

大した肌荒れでなくとも、

皮膚科に行って医師に診てもらったという安心感が、

肌荒れを気にならなくさせることにつながります。

私も面倒だからという理由で、

1ヶ月以上皮膚科に行かずに我慢した結果、肌荒れが悪化してしまいました。

この記事を読んだ方で、皮膚科に行くことを迷っている方は、ぜひ直ぐに皮膚科へ行くことをお勧めします。