親知らずで口臭?面倒がらずにしっかりケアしよう!

親知らずを普通の歯ブラシでケアしている方は要注意!

口臭の原因となっているケースがあります。

というのも、私が実際に歯科で言われたからです。

親知らずが口臭の原因になりやすい理由は、以下があげられます。

・斜めや横に生えることが多く、磨き残しがでやすい。

・一部が歯茎に隠れている場合、特に食べかすなどが残りやすい。

・そもそも磨きづらいので虫歯になりやすい。

口臭を防ぐためには、対策をしましょう。

ブレスマイルウォッシュは効果あり?

一つには、「ワンタフトブラシ」というポイント磨きができる歯ブラシを使うことです。

普通の歯ブラシだけでは、親知らずにうまく当たりません。

ポイント磨きをして丁寧に汚れを落としましょう。

私も使っていますが、普通のブラッシングが終わった後に、「ワンタフトブラシ」で磨くと大きな食べかすが出てきたりします。

歯ブラシでは当たらない場所もしっかり磨いて口臭の原因をなくすことが大事です。

もう一つは、フロスなども活用して歯と歯の間の汚れをかきだすことです。

特に親知らずの周りは、フロスでないと取れない場所にも汚れがつきやすいので、しっかり落としましょう。

面倒でフロスをしたくない方は、使い捨ての柄がついたタイプがおすすめです。

私は糸がまかれたタイプのフロスを使っていますが、慣れてきた方は経済的なのでおすすめですよ。

注意点としては、できれば寝る前だけでなく、朝の歯磨きでもしっかりケアすることです。

朝ごはんを食べた後の汚れが残っていては、口臭が出てしまう可能性があるからです。

普通の歯磨きだけでなく、親知らずのケアもしっかりして、口臭の悩みをへらしていきましょう。