私の肌歴史

中学生時代から、現在50代に至るまでの私の肌悩みの歴史をお話します。。中学生の時、何より辛かったのが、ニキビ肌でそれも相当ひどかった。ニキビがあまりにも気になる為、触ってしまったり、つぶしてしまったりして、いわゆるミカン肌に後々つながるような行為をしてしまっていました。

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト

 当時、化粧水はたぶんつけていなかったし、当時、民間療法でアロエがニキビに良いらしいと聞いた母親が、アロエ鉢植えを私のために買ってきてくれた。また、オロナインを塗ってみたりもしていた。だが、最終的にはよくならず、ニキビ悪化で皮膚科へ通院する事になった。

 私とニキビとのつきあいはよくなったり、悪くなったりを繰り返しながら30代まで続く。ただ、年を重ねるうちに、ホルモンバランスが整ってきたためか、50代の現在ではニキビからは卒業している。

 10代は運動部、20代は海で日焼けを全く気にせず焼いていた為、この行為は後にシミ、そばかすの原因となった。20代後半に美白に目覚め、ここから必死にミカン肌とシミを治すことに専念する事になる。自業自得なのだが、自ら予防や対策をしてこなかった自分を恨めしく思った。

 美容に携わっていた友人に、私の肌質は脂症だから、ニキビはできやすいがシワは出にくい肌と言われていた。確かにその点は当たっており、シワの悩みというのは現在までなかった。ただ、瘦せすぎていた時にホウレイ線がやたらと目立ち、しかも同時に毛穴や、ニキビをつぶした跡のミカン肌も目立つという時期があった。それが、30代~40代前半の肌の悩みです。

 20代後半から30代は、挽回するために高い化粧品も買った、美容皮膚科に通院し、シミ取り、ピーリング、フラクセル治療等も行った。同時に内服もした。予防、対策はやはり本当に大事であると心から思う。と同時に自分の肌に合った手入れの仕方や商品の選択も重要だとつくづく感じている。 現在の肌の悩みはくすみとシミです。この年代だとくすみやシミで顔色が暗いと人に与える印象もよくないと思うので、せめて少しでも綺麗にと明るい肌を目指しています。