意外と知らない?口臭の原因について

男性、女性に関わらず口臭問題に悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

今回は口臭の原因と解決方法について解説していこうと思います。

ぜひ、参考にしてください。

唾液が減ると匂いやすい?

口臭の原因の一つに唾液の現象が考えられます。

唾液には口内を洗浄、自浄する作用があるので「噛む」、「話す」など口を動かすことによって唾液の分泌が増えます。

唾液が減少し口の中が乾燥することで自浄作用が低下し、タンパク質を分解する細菌が増えてしまい口臭の原因となります。

朝起きたときやしばらく食事をしていないときに口臭が強くなるのはこの為です。

なので、まずは規則正しい生活をすることで定期的に食事を取ることやこまめに水分を補給することで

口の中が乾燥することで起こる口臭を防ぐようにしましょう。

キラハクレンズの効果は評判以上!私の口コミと体験談まとめ!

緊張やストレスが口臭を引き起こす?

唾液の分泌は自律神経によって調整されています。

唾液の分泌が促進されるのはリラックスして副交感神経が優位になっている時です。

緊張やストレスは副交感神経の働きが弱まり唾液の分泌が低下するので口臭の原因となります。

日常生活でストレスを溜めすぎないようにしたり、副交感神経を優位にするためにリラックスできる温泉に行ったりするのも良いかもしれませんね。

気にしすぎ?心理的口臭とは?

この他にも口内のトラブルはなく実際は臭っていないのに、本人が口臭を気にしすぎることで社会的生活の障害となってしまう心理的口臭があります。

不安や強いストレスからくる心の病である可能性もあるので気になる方は一度専門医に診てもらいましょう。

今回は、口臭の原因となり得る唾液の減少やストレスについて解説をしました。

意外にも、規則正しい生活やストレスを溜め込まないようにするだけで口臭が改善されることもあるのでぜひ参考にしてください。